フライヤー印刷はコストを抑えて賢く利用しよう

男の人

フライヤー印刷の種類

インク

広告を大量に作成するには最適な印刷方法を選ばなければなりません。特にフライヤー印刷は、印刷方法によってコストや広告の仕上がりに差が出るので、それぞれの印刷方法の良し悪しを把握しましょう。フライヤー印刷は主に2つの方法に分けられます。一つはオフセット印刷、もう一つはオンデマンド印刷です。どんな方法なのか、どんなメリット・デメリットがあるのか探っていきたいと思います。

オフセット印刷という方法は、最初に版を作ります。スタンプや印鑑を想像してもらえると分かりやすいかと思います。印鑑やスタンプのように版を作ることで大量の注文がきても簡単に印刷することができるというメリットがあります。オフセット印刷では版を使ってインクを転写していくのですが、この版を作るのにコストがかかります。大量注文であれば問題ありませんが、注文数がそこまで多くない場合はこの印刷方法は不向きと言えます。

オンデマンド印刷という方法はオフセット印刷のように版を作らなくても印刷できる方法です。パソコン内のデータをそのまま印刷機に送って出力できるので素早く印刷することができるというメリットがあります。試しに印刷してみたいという時もこの方法は便利です。版を作る必要がないのでコストを抑えることができますし、少量注文と大量注文のどちらにも対応しているので人気のある方法と言えます。昔からある仕上がりの綺麗なオフセット印刷を選ぶか、もしくは最近登場したコストを抑えて早く仕上がるオンデマンド印刷を選ぶのか、広告を見るお客さんのニーズに合わせて使い分けるようにしてみてはいかがでしょうか。

フライヤーとチラシの違い

チラシ

広告を作る場合にはチラシ印刷やフライヤー印刷を利用します。この二つに明確な違いというのはありませんが、ターゲットにする客を限定したり、用途によって使い分けたりする時に、どちらかの広告方法を選ぶ必要があります。

もっと読む

注文から発送までの流れ

色見本

フライヤー印刷を初めて依頼するという人は、注文から発送までの流れを事前に確認しておくと良いでしょう。手続きをスムーズに進めるためにも全体像をしっかりと把握しておくことが大切です。

もっと読む

質の高い広告づくり

フライヤー

世の中には様々な広告があふれており、広告一つ一つに様々な加工がしてあります。フライヤー印刷を依頼する際にオプションとして特殊な加工をすることもできるので覚えておくと良いでしょう。

もっと読む