フライヤー印刷はコストを抑えて賢く利用しよう

女の人

フライヤーとチラシの違い

チラシ

広告の印刷を依頼する時に、「チラシ」や「フライヤー」といった言葉を目にするでしょう。この二つは同じように思われていますが、実は違いがあります。そもそもチラシとは「散らすもの」「散らし」という意味があり、主に新聞などに折り込まれている広告のことを言います。一方フライヤーは、昔ヘリコプターや飛行機からばら撒いていたもののことで、今では店舗に置くための広告のことを言います。このようにチラシとフライヤーでは用途が異なり、重視するポイントも変わってきます。チラシの場合は新聞に毎日大量に折り込んであるので頻繁に目にするでしょう。そのため、チラシを作る時は他のチラシの中から目を引くようなデザインにする必要があります。その広告を見る人の印象に残らなければ意味がありません。しかしフライヤーの場合は少し違います。フライヤーは広告を手に取ってもらうこと、持ち帰ってもらうことを目的としています。そのため、フライヤー印刷には厚手でしっかりした紙が使われます。フライヤー印刷では用紙のタイプを選ぶことができるのですが、とくに用紙のタイプに希望がなければ「おまかせフライヤー印刷」でお得に依頼することができます。初回割引キャンペーンなどを利用すれば大幅に安くなることもあるので、どんな割引サービスがあるのかチェックしておくと良いかもしれません。また、フライヤー印刷を印刷会社に依頼する際はデザインを入稿する必要があります。入稿の方法は印刷会社のホームページに記載されているので確認しておきましょう。